公開講演会

なごや看護学会と名古屋市立大学看護実践研究センターとの共催による

なごや看護生涯学習公開講演会を下記の通り開催いたします。

テーマ:“ともに歩む”ということ ー 意思決定を支えるナースのやくわり ー

講 師:石垣靖子 氏(北海道医療大学 名誉教授)

日 時:2022年2月15日(火)18:00-19:30

場 所:Zoom遠隔ライブセミナー   ・・・ 1/18 対面中止になりました

参加数:300名

チラシ(PDF版)はこちらをクリック

内容

看護師の役割としてますます重要となる意思決定支援と、そこで直面する臨床倫理に関わる問題は、看護実践における重要かつ難しい課題です。今回これらのテーマについて臨床倫理の第一人者である石垣靖子先生にご講演いただきます。

*講 演 要 旨 よ り

医学や医療技術の進歩に伴って例えがんと診断されても長期生存が可能になってきました。その折々に病態や病状の変化、家族の事情などの生活上の変化、仕事や役割、収入等など社会的な事情も同じではありません。また、新しい治療の進歩もあり、その時々にその人に適った意思決定が求められます。その折々の意思決定支援の在り方が、やがてくる人生の最終段階への準備となります。
すなわち意思決定支援は継続してその人と“ともに在り”続けながら、“共に歩み”続けていくことではないでしょうか。人生の途中のあるエピソードの決定だけを意味するのではなく、常に進行形 “ ing ” なのです。
「生活の営みを整える」という本質的な役割を担うナースは、その人の人生(生活)と共に在り続け、共に歩みながら、その人の人生にコミットしながら、自分の人生も変わっていくという体験を繰り返しているのだと思います。

応募方法

いずれかで手続きをお願いします。

1.ネット申込:下記の「名古屋市電子申請サービス」から申込ください。

名古屋市電子申請サービス(パソコン、携帯からのネット申込はこちら)

2.メール申込:下記の参加申込書をダウンロードし、ご入力の上、
メール添付にて本講演会事務局の 名古屋市立大学看護実践研究センター に送信してください。

参加申込書 (DOCX ファイル 0.02MB)

名古屋市立大学看護実践研究センターE-mail:

  • お申込み後7日以内にお振込み等についての詳細を名古屋市立大学看護実践研究センターより返信いたします。
  • もし返信がない場合は、お手数ですが名古屋市立大学看護実践研究センター(TEL:052-853-8042)までお電話でお問い合わせください。
  • なお感染症の状況によっては、全員Zoom参加にご変更をお願いすることがあります。

 

Contact

〒467-8601
名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1
名古屋市立大学看護学部内
なごや看護学会事務局

TEL/FAX:052-853-8042
E-mail:


編集委員会事務局 E-mail:


なごや看護学会入会フォームはこちら
PAGE TOP